トレンド話題

「キングコング 髑髏島の巨神」 あらすじとネタバレを含む評価と感想はこちら!!

2017/04/02

スポンサーリンク

映画「キングコング 髑髏島の巨神」予告とキャストの紹介

映画「キングコング 髑髏島の巨神」のあらすじとネタバレを含む評価と感想の紹介です。関連作品を無料で観る方法も紹介してます。感想・評価・記事内ではネタバレも多少含みますので注意です!!

【映画情報】
モンスター映画の人気キャラクター、キングコングと巨大生物が登場し、彼らに襲われた人間たちのサバイバル劇を描くアドベンチャー。31.6mという歴代シリーズ最大級のキングコングと対峙する調査隊員として、『マイティ・ソー』のロキ役で知られるトム・ヒドルストンや、『ルーム』のブリー・ラーソンが出演する。ゴジラ映画など関連作品を無料トライアル期間中に観たい方はこちら【フジテレビオンデマンド】


【キャストの紹介】

*は日本語吹替えの声優さんです

ジェームズ・コンラッド → トム・ヒドルストン(GACKT)

プレストン・パッカード → サミュエル・L・ジャクソン(手塚秀彰)

ウィリアム・"ビル"・ランダ → ジョン・グッドマン(石住昭彦)

メイソン・ウィーバー → ブリー・ラーソン(佐々木希)

サン・リン → ジン・ティエン(伊藤静)

ジャック・チャップマン → トビー・ケベル[8](小松史法)

ヴィクター・ニエベス → ジョン・オーティス(後藤敦)

ヒューストン・ブルックス → コーリー・ホーキンズ(英語版)(杉村憲司)

グレン・ミルズ → ジェイソン・ミッチェル(英語版)(河本邦弘)

アール・コール → シェー・ウィガム(綱島郷太郎)

レグ・スリフコ → トーマス・マン(山崎健太郎)

コング(モーションキャプチャ演技) → テリー・ノタリー(英語版)

ハンク・マーロウ → ジョン・C・ライリー(石田圭祐)

レルス → ユージン・コルデロ(真壁刀義)

スティーブ・ウッドワード → マーク・エヴァン・ジャクソン(英語版)(伊藤和晃)

ウィリス上院議員 → リチャード・ジェンキンス(仲野裕)

ガンペイ・イカリ → MIYAVI

スポンサーリンク

映画「キングコング 髑髏島の巨神」 予告動画はこちら

映画「キングコング 髑髏島の巨神」 あらすじの詳細

【「キングコング 髑髏島の巨神」あらすじ】

それは、簡単な任務のはずだった。未知の生物の存在を確認しようと、学者やカメラマン、軍人で構成された調査遠征隊が潜入した太平洋に浮かぶ謎の孤島・髑髏島。だがそこは、決して人間が足を踏み入れてはならない場所だった。

 

島に着くとすぐに、そこがただの島ではないことが明らかになる。至るところに散らばる骸骨。そして、岩壁には血塗られた巨大な手の跡が……。やがて姿を現したのは、巨大な守護神キングコング。そして、脅威はこれだけに止まらなかった。

 

続いて現れる正体不明の凶暴な巨大生物たち。島を破壊した人間たちは、なすすべもなく逃げ惑うばかり。髑髏島の秘密とは……?彼らは島から生きて脱出できるのか……?果たして、コングは人類の敵なのか、それとも味方なのか……?

 

私的な映画「キングコング 髑髏島の巨神」の感想は?

映像技術を生かした怪獣たちがなかなか迫力満点です!!正直な話、ハリウッド版(1998年、2014年)ゴジラのイマイチ感が拭えない自分。それによって敷居が低くなったのかもしれないですが、圧倒的映像のド迫力の高い戦闘シーンが次々と続きます。飽きさせないようにしているのがわかります。

 

監督のこだわりのカットなども、私には不思議と伝わってきました!しかも、ド派手なだけでなく、ちゃんとユーモアも入っていて、最初から最後まで楽しめましたよ!!こんなにも人間が小さく、無力だといわんばかりの怪獣たちの強いこと、早いこと・・・・^^;

 

冒頭2分でいきなり現登場するキングコングの登場にも製作者の「1秒たりとも飽きさせないぜ!」という意図が伝わってきます。その姿はまるで、本当にこの怪獣が存在してるかのようなリアル感!毛並みから目の奥まで超巨大なゴリラ。これがこれから人間たちを恐怖のどん底に落とすことを、脳裏に焼きつかせられました。と同時にワクワク感がたまらなかったですよ^^

 

そしてこの映画はキングコングだけじゃない!!コングの天敵もいます。それがスカルクローラーはじめ、特大のサイズのモンスターたちがほぼほぼ数十分に一回は登場し、まだ観ぬ新しいモンスターに猛威と恐怖を抱きながらもワクワクしたりもします。どんな戦いすんの?次はどんな登場するの?って感じですね!!

 
そして描写や風景その他もろもろの雰囲気は、名作の戦争映画のシーンを彷彿させる作りとなってました。髑髏島上空に着くやいなや爆音で70’sロックを爆音で流し規則正しき整列するヘリ、死臭で覆われた島々に立ち込める煙、川を渡る船、島に住み着く少数民族、その彼らと現代人の仲介に入るマーロウの存在などなど他の映画の良い部分を取り込みうまく融合している感じにも見えました。

スポンサーリンク

 
先ほども少し触れましたが監督こだわりが垣間見える場面が盛りだくさんあります。ヘリの中を覗くコング、夕日をバックにそびえたつコング、ドラミングするコング、ウィーバーの前で仁王立ちするコング、そのウィーバーと触れ合うコング、攻撃後に包まれた爆炎の中から、「そんな攻撃、効かぬ!!」と言わんばかりのコング!

 

そのコングになんとか立ち向かうサミュエルLジャクソン。この人は何をやっても様になりますね。でも鼻水たらしてガン飛ばしすのまで様になっています^^;完全に過去の戦争で失った部下へのリベンジをキングコングに向けるイカレ野郎へと変身ww彼にもある意味注目ですよ!!

 

さらには緑の毒ガスが立ち込める中、マーロウから刀を受け取りスカイキラーをバッサバッサと斬りまくるコンラッド!このアクションシーンも見所の1つでめっちゃカッケー!!イカリと兄弟の契りを交わしたマーロウ渾身の刀裁き!!不名誉より死を!!

 
ウィーバーの超100パーセントスマイルも可愛い!!体を張ってモンスターの進行を止めるもムダ死にする兵士、まるで映画のスクリーンに突っ込んでくるかのようなスカルクローラーにはビビリまくり^^;などなど、見所だらけで気づいたらあっという間の2時間でした!!

 

何も考えず、スリル感、痛快アクションを味わいたい方にはおすすめです^^

 

 

映画「キングコング 髑髏島の巨神」の世間の評価と感想は?

*紹介するのは試写会を観た方の感想です。

映画「キングコング 髑髏島の巨神」の世間の評価が気になるところですね。アンチなコメント、賛同のコメントを観ていくことにしましょう。

 

「試写会で。小2の怖がり娘に頼んで一緒に観に行きましたが、最後まで観れました。エンドロール終わりにまだ映像があるから、途中で退出すべきではない!」

 

「息子と3D試写会で観て参りました。吹替がGACKTに佐々木希、プロレスラーのスイーツ真壁と聞いて、もう、どんなものやらと思いましたが、意外に気になりませんでした。GACKT以外は。
GACKTだけ微妙に浮いてたような・・日本人イケメン兵士はMIYABIだし」

 

「でもでも、吹替もっとどうにかならなかったんでしょうか……いくらGacktでも声があってなさすぎる……佐々木希もひどい。声って大事ですよ。字幕で観たらもっと楽しめたかと思うと残念💧でも試写会で観せていただいたんですからね。文句いっちゃいけませんね(^_^;)」
「話は、うん、展開早いね!トムヒのいる意味、あった?とかあるけどそんなのどうでもよくなるぐらいの最後の闘いが面白くてモンハンとかプロレスを感じましたもういっそウルトラマンが出てきてもいいと思う
劇場で見るべき映画です!」

 

「ただの怪獣映画。それだけ。怪獣だけを見たいなら許せるかと。怪獣同士のバトルは迫力あります。」

 

キングコング 髑髏島 ネタバレ 怪物のネタバレ 怪物(怪獣編)?

映画「キングコング 髑髏島」に登場する怪獣をざっと紹介します。

当然ながら髑髏島のメインの怪獣はキングコング

竹藪の中で潜む巨大グモ。名前はバンブースパイダー。

 

巨大なエゾジカを彷彿させる巨大な水牛でしょうか。名前はスケルバッフォロー。

 

巨大なトカゲ型の恐竜でしょうか。名前はスカルクローラー。どうやらキングコングのライバル。

一応、トレーラーを見る限りではこの4怪獣ですが、ポスターを見る限りだと巨大タコの足も見えるし、木の形をした怪獣っぽいのも描いてありますが、実際どうなんでしょうか。観てからの楽しみですね。登場するとしても昔の特撮の大ダコも味があってよいですが、現代の映像技術ではかなり進化しててきっと迫力あるでしょうね。

 

 

キングコング 髑髏島のネタバレ エンドロールも気を抜くな!?

今回の映画でけっこう有名なのがこの「キングコング 髑髏島の巨神」を観る上での心構え。決して、本編が終わったからといって「よし、帰ろう」というのは避けましょう!!なぜならエンドクレジット後の最後の最後に、
ゴジラファンには嬉しいサプライズが待ち構えているのです!!

それはいったい・・・・。聞き覚えのある鳴き声と共に懐かしい面々が登場・・・え?早く教えろって^^;詳しくは下で書いてあります。って・・・もうわかりましたよね。

キングコング 髑髏島のネタバレ ゴジラ・モスラ・キングギドラは登場するのか?

ということで懐かしい奴らが登場します。といっても登場というには短すぎますけど・・・。エンドロールを最後まで観るとゴジラ・モスラ・ラドン・キングギドラの画が浮かび上がってきます。それを観ることによって続編があることを知らされます!!


ファンには楽しみで仕方がないと思います。2020年代公開予定『ゴジラvs.コング』という情報も既に流れているので、ひょっとしたらそちらに登場するかもしれませんね^^

 

キングコングといったゴジラを連想するかたが多いかと思います。ご存知のとおり元々「キングコング」はアメリカで生まれたハリウッド映画。1954年当時、日本では「ゴジラ」映画がヒットしていたため、アメリカの映画会社と提携。そして1962年に第3弾である「キングコング対ゴジラ」が話題を呼びました。ゴジラ映画史上最高の観客動員数1255万人を集客。

 

ハリウッド版「GODZILLA」(1998年) → 「GODZILLA ゴジラ」(2014年) → 「キングコング 髑髏島の巨神」(2017) → 「ゴジラVSキングコング」(2020年)と続く訳ですね。

 

昔懐かしいゴジラ映画や怪獣たちが見たい場合はやはり、邦画のゴジラシリーズがおすすめである。日本のゴジラ映画に興味のある方はこちらから特設サイトへどうぞ。年代別やランキングなども載せております

特設サイトはこちら

ゴジラ映画シリーズを無料で観る方法

ゴジラ映画シリーズを無料でもよりお得にみれるサイトはあるのか?調べたところ、フジテレビオンデマンドがお得です。私がなぜフジテレビオンデマンド押しなのか?コスパ最強だからです。月額888円(税抜き)で最大30日間無料で映画だけでなく雑誌・漫画、ドラマ見逃し配信が利用できるからです。【参考:hulu 月額999円(2週間無料)、月額U-next1980円(30日間無料)】
私の場合、国内ドラマとかけっこう観ますし、通勤や遊びに行くときによく電車に乗るので待ち時間で雑誌とか漫画が観れるのはけっこう嬉しいです。フジテレビオンデマンドでは今なら最大30日間無料トライアルを実施中!30日間もあれば好きな映画や関連作品もかなり見ることもできちゃいますね♪30日間トライアルはこちらの公式サイトからどうぞ >> 【フジテレビオンデマンド】

私も無料期間中に登録して、2週間以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。国内ドラマが豊富なので、忙しくて見逃した、レコーダーの不具合で録画できなかったなどなど利用するのもいいですよね。ただ、30日間の無料トライアル期間がいつ終わってしまうのかは私にもわからないので、この機会に無料登録しておくことをおすすめします。

 

フジテレビオンデマンドは何と言っても過去の名作ドラマが懐かしくて何度も観てしまいます!!普段忙しい?大丈夫です!ドラマにハマッテしまっても24時間どこでも見れるので、見逃す心配もありませんし、好きなドラマのために帰宅するのって毎日が楽しくなりますよ。

 

最近無料で見れる動画サイトを良く目にしますが、完全に違法です。その違法サイトはもちろんのこと、違法動画を見る方にも責任を問われることがあるので、安全な方法で視聴することをおすすめします。

早速、30日間無料トライアル視聴するはこちらで>> 【フジテレビオンデマンド】

 

スポンサーリンク

-トレンド話題