ドラマ関連

12モンキーズ シーズン1 第11話のあらすじ・ネタバレを含む感想

2018/02/15

スポンサーリンク

第11話「明かされる真実」ドラマ・キャストの紹介

海外ドラマの12モンキーズ シーズン1 第11話「明かされる真実」のあらすじ・ネタバレを含む感想・評価そして無料動画視聴の方法などを紹介している記事です。感想のところではネタバレも多少含みますので注意です!!

【ドラマの内容】

2043年。原因不明のウイルスが各国に広まることによって人類のほとんどが倒れ、地球は危機に面していた。人類にできる唯一の方法はたった一つ。歴史を遡り、その歴史を元の安全な状態にすること。物理学者のジョーンズ博士は、人類滅亡を防ぐためにとある男・コールを時間を自由に行き来できる装置(タイムマシーン)で過去へと派遣する。コールは過去と未来を右往左往しながらウイルスが広がる前に消し去ろうと奮闘するがしかし…。コールは歴史を塗り替えることができるのか!?人類の滅亡を防ぐことができるのか!?

 

12モンキーズシーズン1のドラマの予告動画別窓で開きます

11

とにかく早く観たい方は私も利用しているお試し期間のあるこちらの公式サイトで
Hulu 今なら2週間無料トライアル実施中

【キャストの紹介】

<ジェームズ・コール>
アーロン・スタンフォード
(小松史法)

<カサンドラ・ライリー博士>
アマンダ・シュル
(甲斐田裕子)

<ジェニファー・ゴインズ>
エミリー・ハンプシャー
(井上カオリ)

<カタリーナ・ジョーンズ博士>
バルバラ・スコヴァ
(加良まゆみ)

<ホセ・ラムゼ>
カーク・アセヴェド
(北島善紀)

<アーロン・マーカー>
ノア・ビーン
(古屋家臣)

製作総指揮
ナタリー・チャイデス

チャールズ・ローヴェン

リチャード・サックル

スポンサーリンク

12モンキーズ シーズン1 第11話「明かされる真実」のあらすじ・ネタバレの詳細

【第11話「明かされる真実」(その1)】

すべては、1987年に始まったらしい。そこに先に向かったのはラムゼ。コールも後を追う。しかし、ラムゼが見当たらない。ホワイトドラゴンでは、若いリーランドがヒマラヤで発見された問題のウイルスを含むミイラの買い手になるところだった。

 

その情報を知ったコールは、リーランドがトイレに入ったタイミングで接触を図る。「あのミイラにはウイルスがある。12モンキーズが世界にばら撒くことになるから、買ってはいけない」と告げる。そこに、ラムゼが現れてコールと取っ組み合いになる。

 

ミイラを売ろうとしているミスターナカノとリーランドが、けりを付けるように促す。そして、床に放られたナイフを手にしたラムゼがコールを刺した。コールを負傷させたラムゼは日本の監獄に入ることになった。ラムゼは大柄の男に暴力を受ける日々となる。

 

やがて、ラムゼに一通の手紙が送られてくる。「あなたのことを知っているわ。あなたには子どももいる。あなたは大事な人よ。」と綴られていた。それから、一年が過ぎて、小さな荷物が送られてきた。荷物は「孫子の兵法」だった。ラムゼは毎日「孫子の兵法」を読んだ。

スポンサーリンク

【第11話「明かされる真実」(その2)】

そして、いつもの大柄の男のことを周囲の者に伝える。「この男は裏切り者だ。守衛とつながっている。」追い詰められた表情になった大柄の男を全員が痛めつける。ラムゼは「俺の手は使わずに。お前をやってやったぜ」と捨て台詞を残した。1995年、ラムゼのところに看守が荷物を持ってくる。

 

その中に、「娘たち」の一人の女が意味ありげなことをほのめかしていたペンダントがあった。手紙には、「旅人さん、報われない時間は終わりよ。私たちと行動をともにする時がきたの」と記されていた。そして、ラムゼは手紙の差し出し人のところへ案内される。ラムゼが連れて来られた場所には、あの謎の女がいた。

 

キャシーに「証人」を見せた女だ。困惑するラムゼに、「待ち焦がれていた」と謎の女は抱擁する。さらに、花びらの男たちがラムゼを迎え入れた。きれいな庭の中央にある建造物に、ラムゼが持つペンダントと花びら男が持つペンダントを並べると不思議な輝きを放った。

【第11話「明かされる真実」(その2)】

そして、周りの植木が赤くなる。花びらの男は謎の女に、「君の父は間違っていなかった」と喜んだ。2011年、ラムゼは謎の女たちと行動していた。謎の女は、時空を超えた情報を知るラムゼに尋ねる。「記憶している情報では、どうなるの?」ラムゼは返答する。

 

「マークリッジという企業がウイルスを作る。」それを受けて、「じゃあ、投資が必要ね。」と謎の女は口にした。高額の出資をして、提携者となった謎の女とラムゼは、マークリッジ社のリーランドのところに出向く。リーランドはラムゼに会うなり、「どこかで見た顔だな?」と言う。ラムゼが白を切ったが、すぐにリーランドは気がついた。

 

「1987年にホワイトドラゴンの時の男だね。」とラムゼに迫る。コールたちの行動を目障りに思った謎の女は、ラムゼが知る時空を超えた記憶をもとに対策を考えていた。ラムゼは、コールが取った行動を謎の女に伝える。実は、コールがジェニファーと会ったときから、ナイトルームを中心とした事件は、謎の女たちには全部わかっていたことだった。

 

それをラムゼが手助けした形になっていたのだ。結果的に、ピーターズにウイルスを開発させて、アーロンにも伝わったのである。ラムゼは、「ウイルスは手に入れた。これからの計画は?」それに、謎の女は返事をする。「ウイルスの拡散。12モンキーズの出番よ。」2043年側のジョーンズたちには落ち着きがなかった。

【第11話「明かされる真実」(その3)】

ラムゼに刺されて、コールの生命徴候に異変が起きていたのだ。危機を回避するために、ジョーンズは「コールを2015年に飛ばして!」と声を挙げる。その言葉を受けた研究者が「ここで無理をして、時空のつながりが切れたら、二度とコールは戻れなくなる」と指示に従えなかった。

 

それでも、ジョーンズは「大丈夫だから、やって!」と声を強くした。1987年では、ナイフで負傷したコールがミスターナカノの部下に銃で止めを刺される寸前だった。その瞬間、コールは姿が消える。時空移動machineを動かしたあと、ウィートリーはジョーンズに酒を持って来る。

 

「それは?」とジョーンズが尋ねると、「コールはもう戻れない。すべてはおしまいだ」とウィートリーは泣く。ジョーンズは、「大丈夫よ」と言葉を返す。しかし、ウィートリーは、「コール、ラムゼ、スピアヘッド。そして父も犠牲にした。もう、無理だ!」と言い残して、兵士たちとともにラボを出ていく。

 

そして、2015年に送られたコールは、どうなったのか?キャシーが自宅に戻ると、床に血の跡があった。キャシーが血の跡をたどっていくと、1987年から移動してきたコールがいた。ナイフで刺された痛みをこらえながら、コールはキャシーに真実を伝える。「いつも計画の先回りをされるには、明確な原因があったんだ。君が謎の女に見せられた『証人』の仕業だ。そして、その正体がわかった」映像に映っていたのはラムゼだった。

 

12モンキーズ シーズン1 第11話「明かされる真実」の感想

 

なぜ舞台が日本なのか?あまり、パッとしないシーンは置いておいて^^;ラムゼとリーランドの変貌ぶりは思わず、吹いてしまいましたが、ラムゼが「1987年から2015年までの殆んどを刑務所で過ごしていた」という設定でストーリーを展開させた点はイイと思います、時間が過ぎたこと自体は二人にとっては同じことなのに、老け具合がこんな違うのはうけるwww。たとえ、共通のハゲ男でもだ。

 

11話ではコールはほぼ登場しなかったが、コールも未来には帰ってこれないよう。まあ、キャシーのところへ送ってもらえただけでも良しとしましょう。しかも、ラムゼはコールがもう既にこの世にはいないと思い込んでるしね・・・。
ところで、リーランドがウイルスを作り出した原因って、ひょっとしてコールのせいなのでは?って思ってしまう。コールが動揺して聞いてもいないことを、事細かに喋ったことがゆえに『ウイルスの起源』を買った訳だし。そこに気づいてないコール・・・。

 

アーロンに関わる詳細不明の女は、アーロンを自分たちの仲間の味方にしようとしているのか、単純にキャシーに対しての防御の意味もあるのかは、いまちち予想しかねる。スピアヘッドにも関係あるしね、この女。かなりなお金持ちなのはわかるが、ウイルスを拡散させる真の意味がまだまだ謎に包まれています。

 

シーズン1も、残りわずか・・・。とはいえ、拡散しようとしていた謎がちょっぴりですが、判ってきましたね。ストーリーもよく出来ていて満足ですし、きちんと伏線も回収しながら進んでいるあたりを考えると、このドラマはやっぱり面白いですね。

 

映画「12モンキーズ」の記事はこちら → 「12モンキーズ」あらすじ・ネタバレを含む感想・評価はこちら!!

 

 

ドラマ「12モンキーズ シーズン1」の全動画を無料で観る方法

ドラマ「12モンキーズ シーズン1」を無料で観ることができます。動画三昧の私も入会している動画配信サービスでは今キャンペーンで無料視聴期間が付いてます。3分くらいの手続きですぐ見たい動画が観れます。レンタルビデオ屋によく行かれる方はこのサービス知らないと損してますよ^^;

 

自分の好きな時に見れるこのサービスなら、借りにいったのに、「貸し出し中」という無駄な時間を経験する必要なし!!入会しないまでも、観ようと思っていた名作を無料期間中に見てしまってもいいので、損することはないですよ

1ac78637

ブラピのイカレ役がヤバ!!そしてブルース・ウィルスが出演する映画「12モンキーズ」も観れます。海外ドラマ好きな方は明らかに生活に革命が起きると思いますよ。実際、私もそうでしたので^-^海外ドラマ好きは知らないと後悔すると思います。公式サイトはこちらです。
Hulu 今なら2週間無料トライアル実施中

ということで今回は12モンキーズ シーズン1 第11話「明かされる真実」のあらすじ・ネタバレについての記事でした。ありがとうございました。

→→ ドラマ12モンキーズの他の回はカテゴリーからどうぞ!! 
スポンサーリンク

-ドラマ関連