ドラマ関連

12モンキーズ シーズン1 第1話のあらすじ・ネタバレを含む感想

2018/02/15

スポンサーリンク

第1話『世界の運命を握る男』ドラマの紹介・キャストの紹介

海外ドラマの12モンキーズ シーズン1 第1話の『世界の運命を握る男』のあらすじ・ネタバレを含む感想・評価そして無料動画視聴の方法などを紹介している記事です。感想のところではネタバレも多少含みますので注意です!!

【ドラマの内容】

2043年。原因不明のウイルスが各国に広まることによって人類のほとんどが倒れ、地球は危機に面していた。人類にできる唯一の方法はたった一つ。歴史を遡り、その歴史を元の安全な状態にすること。物理学者のジョーンズ博士は、人類滅亡を防ぐためにとある男・コールを時間を自由に行き来できる装置(タイムマシーン)で過去へと派遣する。コールは過去と未来を右往左往しながらウイルスが広がる前に消し去ろうと奮闘するがしかし…。コールは歴史を塗り替えることができるのか!?人類の滅亡を防ぐことができるのか!?

 

12モンキーズシーズン1のドラマの予告動画別窓で開きます

1

とにかく早く観たい方はお試し期間のあるこちらの公式サイトで
Hulu 今なら2週間無料トライアル実施中

【キャストの紹介】

<ジェームズ・コール>
アーロン・スタンフォード
(小松史法)

<カサンドラ・ライリー博士>
アマンダ・シュル
(甲斐田裕子)

<ジェニファー・ゴインズ>
エミリー・ハンプシャー
(井上カオリ)

<カタリーナ・ジョーンズ博士>
バルバラ・スコヴァ
(加良まゆみ)

<ホセ・ラムゼ>
カーク・アセヴェド
(北島善紀)

<アーロン・マーカー>
ノア・ビーン
(古屋家臣)

製作総指揮
ナタリー・チャイデス

チャールズ・ローヴェン

リチャード・サックル

12モンキーズ シーズン1 第1話のあらすじ・ネタバレの詳細

【第1話『世界の運命を握る男』(その1)】

時は、2013年。カサンドラ・ライリー博士(キャシー)が帰宅のために車に乗ると、後のシートに見知らぬ男がいた。キャシーは要求されるままに車を走らせた。男はキャシーに、「リーランド・フロストを知っているか」と問い詰めるが、キャシーが知るところではない。

 

男はおもむろに不可思議なことを問いただしてきた。「来る時代が早過ぎたか...」さらに、「多くの人間がいなくなった2043年からやって来たのだ」と説明を続ける。キャシーは、にわかに受け入れることができなかった。その男は、警察官によって撃たれてしまうのだが、「俺を助けたければ、2015年にジョン・アダムス・ホテルで会おう」とキャシーに言葉を残して、魔法のように姿をくらました。

【第1話『世界の運命を握る男』(その2)】

スポンサーリンク

そして、2015年。キャシーは、男の姿が一瞬にして見えなくなった話しをまともに聞いてもらえずにいた。そればかりか、精神的な異状を疑われて、医師として仕事することを許されなかった。キャシーは、数年前に会ったことのある男のコールに尋ねられた「リーランド・フロスト」について、ずっと調べていた。

 

何もつかめないまま、ジョン・アダムス・ホテルでコールがやってくるのを待った。すると、あの日撃たれた姿でコールが出現した。キャシーは部屋にかくまい、コールに治療を施すが、そのまま数日間、眠ったまま意識が戻ることはなかった。やがて、キャシーの加担者による手助けでリーランドの正体がわかった。

【第1話『世界の運命を握る男』(その3)】

探していたリーランド・フロストはリーランド・ゴインズというマラリアワクチンを造る企業のCEOでありながら、裏で生物化学による武器を造ろうとする人間だった。そして、名前が違っていたのは社内で使われる対策名がフロストになっていたからだということがわかった。2043年の話しでは、ウイルスを作った張本人のリーランドの企みを止めれば、歴史を変えられると考えられていた。

 

キャシーとコールは、リーランドが参加する宴会に忍び込む。そこで、コールはリーランドの命を片付けようとするのだが失敗に終わる。そして捕まってしまい、尋問を受ける立場になってしまった。リーランドはコールを見て、「1987年に会っている。その時の君は、今とまるっきり同じ格好だった。そして、12モンキーズという組織について調査していた。

【第1話『世界の運命を握る男』(その4)】

世界を亡ぼす奴らだろ?」コールにとっては、リーランドに会ったのは初めてのはずだった。すると、「まだ、会ってない」とリーランドが謎めいた言葉を返す。「もう用はない」とリーランドたちに命を奪われかけるが、コールとキャシーはなんとかかんとか逃げ延びるそして、歴史の運命を握るリーランドを片付けることができた。

 

しかしんがら、コールの姿が消えないでまだ存在するようなので、未来の状況は変化していないとわかる。コールは「キャシーにまたいつか会おう」と言い残して、未来の世界に帰っていった。そして、リーランドが話しに出てきた「12モンキーズ」について独自の捜査を始めるのであった。

スポンサーリンク

 

12モンキーズ シーズン1 第1話の感想

 

大昔に当時人気があったブラッド・ピット、ブルース・ウィルス出演する映画「12モンキーズ」(1997)を観ました。がしかし・・・印象に無いせいかあまり覚えていない^^;ですが、20年ぶりにテレビドラマで帰ってくるというし、ストーリー的にはこういう感染系は好きなので予告動画みたら一気に引き込まれました!!

 

映画の記事はこちら → 「12モンキーズ」あらすじ・ネタバレを含む感想・評価はこちら!!

 

ということで1話の感想です。最初の地球が荒れ果てた未来の場面。コールの「語り」とともに映像を観ていると「20年ぶりに良い作品かも!!」と淡い期待が生まれてきました。1話ということもあり、視聴者に全体像を見せるためか、いらんな場面が目まぐるしく変わり、テンポが速く、サクサク進みます。やや早め・・。

 

キャシーも、突然未来からやってきたコールの話をサクッと信じた印象です。「人を危めるのは嫌」と主張するも、ここもサクッとコールに協力してしまいます。コールとキャシーは会ってから、さほど一緒に過ごしていないはず。ですが、観終わる頃には妙に二人の距離が近く感じました。

 

ジェイソンボーンが敵に追われている時に、たまたまいたヒロインにお金を払って車に乗せてもらったようにです(観てない方はごめんなさい)^^;そんなことを思い出しました。普通は信じないけど、命がかかっていると琴線に届くのでしょうね。

 

ドラマ「12モンキーズ シーズン1」の全動画を無料で観る方法

ドラマ「12モンキーズ シーズン1」を無料で観ることができます。動画三昧の私も入会している動画配信サービスでは今キャンペーンで無料視聴期間が付いてます。3分くらいの手続きですぐ見たい動画が観れます。レンタルビデオ屋によく行かれる方はこのサービス知らないと損してますよ^^;

 

自分の好きな時に見れるこのサービスなら、借りにいったのに、「貸し出し中」という無駄な時間を経験する必要なし!!入会しないまでも、観ようと思っていた名作を無料期間中に見てしまってもいいので、損することはないですよ

1ac78637

ブラピのイカレ役がヤバ!!そしてブルース・ウィルスが出演する映画「12モンキーズ」も観れます。海外ドラマ好きな方は明らかに生活に革命が起きると思いますよ。実際、私もそうでしたので^-^海外ドラマ好きにはオススメのサービスです。公式サイトはこちらです。
Hulu 今なら2週間無料トライアル実施中

ということで今回は12モンキーズ シーズン1 第1話のあらすじ・ネタバレについての記事でした。ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

-ドラマ関連